メンズファッションNAVI

最新情報

スーツスタイル

スーツの形は伝統的に英国、アメリカ、フランス、イタリアという四つのスタイルに大別される。肩を怒らせ、胴を絞った軍服を基にする英国スタイルが源流だ。 アメリカは、それをきわめてナチュラルなカタチに作り替えた。人の体にそのまま沿った撫で肩の寸胴スタイルである。 イタリアとフランスは、人の体にルーズフィットさせた。締めるところを締め、緩めるべきところを緩める。異なるディテールの差により、両者ともにそれぞれの個性を表現した。 西洋の政治家は、必ず自国のスタイルを身に着け、国際会議の場に参加する。日本のスーツスタイルは注文服を除けば未だに西洋のコピーばかりだ。戦前は英国、戦後はアメリカ、その後はフランス、イタリアと続き、現在は各国混合のスタイルが売り場に並べられている。

十数世紀の長きに渡る和服文化を放棄し、開花の時代から日本人はスーツを身に着けるようになった。新たな服が社会生活に適していたためだ。なぜそういうカタチの服が出来上がったのか、なぜそれを着なければならないかについては、深く詮索しなかった。至便性という理由さえあればよかったからだ。 至便性とは、動きやすいという生理的欲求と、とりあえずそれを身に着けていれば社会生活が営めるという簡易さである。西洋の男たちに比し、日本の男たちが、個々のスーツのカタチを今でも理解できないのはそのためだ。理解できないから、国際舞台で西洋製の既製服を臆面もなく身に着ける。

2014年3月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:メンズファッション

中高年のメンズファッション

誰もがチャレンジしやすいのが、綿や麻素材のシャツとジャケットに、チノパンなど綿のパンツーといった組み合わせる中高年のメンズファッション 。青系と茶系と白なら爽やか。ジーンズを合わせてもいい。紺か明るいグレーのジャケットと、白いパンツもあると便利です。 シャツは夏でも長袖の方が品がある。暑ければ袖をまくって。首が太くて短い人は、第二ボタンまで開けてみては。襟元が開きすぎると感じる場合は、両 面テープで調整する裏ワザがある。

小物は、ベルトと靴の色を合わせると統一感が出ます。革を編んだメッシュベルトはカジュアルに使いやすい。 是非、メンズファッションに仕入れてほしいのが、上着のポケットに差すチーフだ。青、茶、白の服の色味に合わせるなら、白か薄い青を選ぶと印象も明 るくなります。白いハンカチを折って入れるだけでも十分だ。 青と茶、白を組み合わせた、紺ジャケットの装いでは白地に青の模様のチーフを花びらのようにポケットに差しました。同じシャツでジャケットをグレー に替えて。白地に細い青いボーダーのハンカチをたたんでポケットに差しました。

両面テープで第二、第三ボタンの中ほどに両面テープを張り、開き具合を微調整。 初心者向けメンズファッションのポイントをまとめると、ぴったりのサイズ選んで清涼感を。挑戦しやすい綿・朝の上着に綿パンツ。品がある長袖。暑け れば袖まくり。長袖のほうが品が出るのですね。 これからは暑くても長袖を着ることにしよう。

2013年8月 8日||トラックバック (0)